いざという時、支えになってくれるのは「がん保険」

現在、日本における死亡原因第1位である癌は、日本国民2人に1人が何らかの癌に罹患し、3人に1人が亡くなっています。いわば癌は日本人にとっての国民病と言っても過言ではありません。手術や抗がん剤治療など、闘病するためには経済的な問題とも向き合わなければなりません。

病気の進行具合によって変わりますが、一般的に癌治療1年目にかかる費用は、高額療養費制度を利用しても50万円ほどになると言われています。差額ベッド代や食事代は全額自己負担となり、入院や通院が長引くなれば当然治療費も高額になっていきます。

仕事ができなくなり、貯蓄を切り崩さねばならない可能性があることも考えておく必要があります。ただでさえ病気にかかって大変な時に、金銭的な不安まで抱えなければならないとなると、精神的に受けるダメージはとても大きいものです。そこで、癌患者の大きな助けとなるのががん保険です。お金に関する心配事が減るだけで、精神面の負担はかなり楽になります。

しかし、がん保険にはデメリットもあります。まず、保険料を長期間払い続けなければならないことです。支払った保険料の分だけ保障が受けられるのであれば良いですが、癌にかからない限り受け取れません。

また加入している保障内容や特約により、給付される金額がかなり変わります。なので、がん保険に入っていても、契約に該当しない分の治療費は保障されません。といっても、やはり備えあれば憂いなしです。貯蓄がない人や小さい子どもがいる人、会社の福利厚生等の保障が不十分な人は、がん保険に入っておくことで解消される不安が多いものです。がん保険を選ぶ際は、年齢やライフプランを考慮し、補償内容を比較検討した上で、自分にとってベストの保険を見極める必要があります。



キレイモキャンペーン